三度の飯より〇〇が好き

三度の飯より〇〇が好き

カナダ、トロントに逃亡中の23歳

トロントに来るまでの生活(後編)

そうだ、ワーキングホリデーを使おう!

この留学、全てはお金との相談でした。もし私がお金持ちだったらロンドン(ハリーポッターやシャーロックホームズが好きでロンドンへの憧れから)かロサンゼルス(初めての海外はロサンゼルスでまたいずれ行きたいと思っていました)に行っていました。

しかしその辺りに留学するにはお金が足りないことは明白だったので、ワーキングホリデーを使うことにしました。いつかワーキングホリデーの詳細記事書いてみます。

 

私がトロントを選んだ理由

 

f:id:abc123kk:20170124215416j:plain

 

ワーキングホリデー制度は使える地域が限られているのでその中から選ぶ必要があります。イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど。

イギリスもワーキングホリデー使えるけど語学学校も通いたいと思っていたので、語学学校行くとなるとちょっとお値段が張るので断念。その他の国の中だとカナダは1番英語になまりがないそうで、カナダに決定。トロントもしくはバンクーバーで迷いましたが、トロントの方が比較的日本人が少ないと言われているのが魅力的でした。なるべく英語に触れるために。実際にはトロントも日本人はめちゃくちゃいます。これで日本人少ないとか言ってたらバンクーバーはもう日本とそう変わらないですね。

 

私の留学プラン

カナダのワーキングホリデーは1年間現地で働くことが出来る上に最初の6ヵ月までは学校に通うことも可能です。

あ、実際の私の英語能力聞きます??留学を決意した2015年秋の時点でTOEICは490点です。国際系の学科にいたにも関わらず。最悪ですね。どれだけの時間を軽音楽部とアルバイトに費やしたんでしょうね。その後は受けていないのでわかりません。まぁこれだけ低い点数でいきなりワーキングホリデーで仕事は無理だと思い、最初の3ヶ月間だけ語学学校に通うことにしました。3ヶ月にしたのはお金の関係と留学エージェントの勧めです。

 

イーオンにて駅前留学

少しでも留学を有意義にするためには事前の日本での英語学習が必要と言われています。これほんとかなり重要ですよ(私もトロントに来た時に私もそう思いました)。そういうことで2016年3月に大学を無事卒業し、少し気持ち的に余裕が出始めた5月から石原さとみで有名なイーオンへ。英会話へのちょっとした苦手意識は無くなったように思います。

しかしダブルワークにイーオンが加わり私の生活はよりハードに。トロントに来る前はとにかく来るための資金稼ぎで疲労困憊し肝心の英語の勉強はあまりできてなかったような気がします。

これが無計画に「1年後留学するわ!」って言ってしまった結果です。私の無計画さにはひれ伏さざるを得ません。

イーオンは2016年の5~9月まで通いました。スターバックスのアルバイトは8月31日で辞め、パチンコのアルバイトも9月31日で辞めました。

 

いざ、トロントへ!!

 

f:id:abc123kk:20170124215017j:plain

 

2016年10月8日、日本を旅立ちました。

こんな感じで大雑把(?)にトロントに来るまでをお送りしました。次回はそうだなぁ何について書こうかな。カナダワーキングホリデーのビザ取得の詳細か語学留学についてか……あ、ホームステイとシェアハウスに関してもあり。はたまた昨日買ったまっずい(私の意見)チョコレートプリンの話もありかな。

 

 Kei