三度の飯より〇〇が好き

三度の飯より〇〇が好き

カナダ、トロントに逃亡中の23歳

ホームステイとシェアハウスの比較と私の体験談(後編)

カナダ、トロントでの住まい 

さらばホームステイ。こんにちはシェアハウス。

 

abc123kk.hatenablog.com

 

前回の続きです。

そんなかんじでホームステイは高いし、家自体がちょっとダウンタウンから離れているのもあり家探しを始めました。そもそも12月31日までホームステイって、元旦に引越しとかいいやし。

 

www.e-maple.net

 

みんな大好きイーメープル

完全日本語でお部屋探しができます(時々英語での投稿も見かけますが)。カナダに住む日本人の誰もが1度は利用したことがあると思います。このサイト、仕事探しをしたり〇〇売ります!みたいな掲示板みたいな役割もします。

とりあえず何件か連絡をとりお部屋見学へ。Christie station(クリスティ駅)から徒歩15分750ドルの家は綺麗だけど立地の割に高すぎるので✖。Eglinton station(エグリントン駅)から徒歩15分650ドルの家は大家さんがなんかものすごい形相だったので✖。

 

家出中の母と無職の父、不登校の息子

結局、Ossington station(オジントン駅)から徒歩15分バスで5分550ドル(光熱費ネットランドリー込み、食事のみ自炊)のお家に決めました。

お家見学の時点では家に誰もおらず、私と入れ違いになる方にお家を案内してもらいました。すこしお家がボロい感じがありましたがキッチンなど共有スペースは綺麗だったのでこの家に決定。しかし大家さんがどんな人かわからなかったので後日「仕事してるし仕事場の近くの駅でもいい?」と言われ別の駅で待ち合わせ、大家さんはとてもいい感じのお母さんだったのでそのまま入居を決めました。

その家は父、母、息子の3人の白人家族と私の他にもう1人日本人留学生が住んでいるそうで、どんな家かとドキドキワクワク。12月5日、お母さんに鍵をもらい、いざお家へGo!!

「誰だよお前。出てけ。」

はい、これが家に入って最初にお父さんから言われた言葉です。お母さんはお父さんに日本人留学生が引っ越して来ることを言っていなかったんですね。後からわかったのですが、この家族離婚協議中。お母さんお家に帰ってこない。すぐさまお母さんに電話、iPhoneをスピーカーにした途端私の携帯で喧嘩が始まりました。

まじ、なんで日本人留学生住まわそうと思ったんや母。

まぁしかし、何とかお父さんも理解したみたいで自分部屋でこの先こんな家でやって行けるのか自分…と自問自答。すると、隣の部屋がガサゴソ言い出したのでもう1人住んでいると言う日本人留学生かな?と思い話しかけに行きました。

そしてやっとまともな人に出会えた…。彼いわくこの家は、家出中の母と無職の父は離婚協議中で息子は不登校共有スペースも超汚いです。きっと前まで住んでいた人が汚いと誰もこの家に住んでくれないから、片付けした後にお家見学に私を呼んだんでしょうね。とんでもない家を紹介してくれてありがとうございました。

 

私はお前の家政婦じゃねえ 

 

f:id:abc123kk:20170124070509j:plain

 

これがずっと洗わずに溜まり続けてた食器たちです。これ私たちが洗ってあげると「ありがとう!」と味をしめてさらに洗わなくなります。

毎日「僕はこれから片付けをするんだ!」と宣言だけはいっちょ前な割に一向に部屋は片付かないお家。お前無職のくせに一体昼間何やってんだ。ついには、私が朝ごはんを作っていると

「あぁ忙しい忙しい、20ドルあげるからキッチン片付けてくれない?」と。

私はお前の家政婦じゃねえ。しかも見るからに絶対忙しくない。

洗濯機の周りはいつも洗濯物で溢れているので、私は洗濯する度に彼らの洗濯機を踏んづけていました。トイレは1度溢れかえってきたこともあります。

 

スターバックス10-FEET

こんな家でも一つこの家に住んでよかったことがあります。それはこの家に住んでいたもう1人の日本人留学生に出会えたことです。

お家に入った途端白人の大柄な男の人に「出てけ。」と言われた私は実際とてつもない不安が押し寄せてきました。しかし、彼がその日の夜ご飯に連れてってくれ、たくさん話も聞いてくれて不安がすっと消えていったのを覚えています。

しかも私と一緒で、日本にいた時はスタバでアルバイトをしていたとか!さらには好きなアーティストは10-FEET!こんな偶然あるものですね。彼は現在でワーキングホリデーをしていてこっちでもスタバで働いています。後に仕事探しでとても助けられました。

このお家を出る時も、先に彼は出ようとしてたにも関わらず、私が出る日に合わせて一緒に出てくれました。優男。感謝。

 

f:id:abc123kk:20170126112748j:plain

 

↑↑↑引越し前のお別れ会で鍋。まじ神。

 

そして今の日本人シェアハウスへ

もちろん、こんな家ずっと住んでいられるわけありません。もともと、元旦に引越しとかいいやとか言いながら結局元旦に引越しをすることになりました。

またもやイーメープルでお家探しと見学。今度はこんな家ごめんなので、お家くらい安心できるところをと私入れて日本人3人で現在は暮らしています。やっぱり日本人は安心ですね。交通の便もとても良く(場所はさすがに今住んでいるので言えませんが)、家賃もネット光熱費込みで550ドル。洗濯機がないので歩いて1.2分のコインランドリーに週1でかよっています。

 

お久しぶりです。納豆。

私にとってシェアハウスの醍醐味は、

食の自由度です。

だって自分で作るんだもの。食べるの大好きだもん。始めてシェアハウスした時はクソみたいお家だったけど2ヵ月振りの納豆には感動。

ちなみに私のホームステイ先は門限は無かったのでその点はホームステイもシェアハウスもかわりません(ホームステイ先によってもちろん家の決まりは違います)。

 

私の思うシェアハウスのメリット、デメリット(日本人シェアハウス)

メリット
  1. 日本語が通じるので困った時はすぐ助け合える
  2. 一緒に出かけたりできる
  3. とにかくラク
デメリット
  1. 完全日本語環境
  2. 夜中も早朝も関係ない(これは騒いでいるとかではなくて、シェアメイトはそれぞれ学校に行ったり仕事に行ったりで生活リズムが異なるので遅い時間にキッチンでガチャガチャしてたりします)
  3. 共有スペースの順番待ち(お腹空いたぁ〜ご飯作ろ!と思ったら誰かが使ってるなんてこともしばしば)

 

ホームステイとシェアハウスを経験して…

水周りはどこも一緒

基本どの家も洗濯機があるお家は洗濯は週に1回です。

トロントは水道代がとても高いようです。お家に洗濯機があってもお金を入れるタイプの所もあります。私の場合、現在はコインランドリーに行っているので回数制限はないですが、週に1回洗濯機に3ドルと乾燥機に2ドル使っています。

もちろんお風呂はありません。シャワーのみで大体壁の高い位置からシャワーのヘッドがこんにちわしてます。ホースみたいなタイプじゃないので下半身洗う時は…ご想像にお任せします。

 

セントラルヒーティングというヤツ

カナダのおうちはセントラルヒーティングと言うもので暖房を入れています。だから冬場は部屋もトイレもキッチンも全部が同じ温度です。暖かいとは言ってません。全部の部屋が同じ温度です。こっちに来る前に何かのサイトに「カナダのお家はセントラルヒーティングでいつでもあったかい!お家の中ではTシャツでもOK!」みたいな記事を見ましたが、あれ嘘ですよ。私は寒い。どこのお家もそれなりに肌寒い。ひざ掛け持ってくればよかったと何度後悔したことか。そしてパーカーが重宝します。

 

結局ホームステイとシェアハウスどちらがいいのか

個人的な意見としては住みやすさは断然シェアハウスです。気を使わなくて良いところと、今の家は地下鉄の駅とストリートカーの駅が歩いて2.3分の所にあってどこに行くにも便利です。

しかし、せっかく英語圏に来たのなら1度はホームステイして英語圏の生活と英語環境を体験することも語学留学の醍醐味かなと。もしくは他の国の人とシェアハウスしてみるとか。

まぁ結論、どちらがいいと言うよりはどちらも経験するのがベスト。私的にはホームステイ2ヵ月、残りシェアハウスにして正解だったと思います。

 

お家探しの心得と確認事項

私的なお部屋探しの心得としては、

  1. 安すぎる家賃はなにか裏があるかも
  2. 必ず見学に行くこと
  3. 前に住んでいた人は何故この家を離れるのか理由を聞くこと
  4. 出来ればどんな人が住んでいるのか確認できたほうがいい(実際は、学生や仕事をしてる人も多いので会えない場合の方がおおいです)
  5. 見学に行った際は必ず家の中でやり取りをすること(家の外で会おうという人には要注意です)

 私の場合、アルバイトする所に近いところが良かったのですが、お仕事がまだ決まってなかったので交通の便のいい所という条件は必須でした。

 

確認事項は、

  1. 家賃に何が含まれているのか(光熱費、ネット、ランドリーなど)
  2. 家賃以外に支払うものがあるのか
  3. 少なくとも何ヶ月すまなければならないか
  4. いつからこの家に住めるか
  5. 家賃の支払い方法、支払い日
  6. アパートを出る際はいつまでに退去日を知らせる必要があるか
  7. 家賃、デポジットなどお金を扱う際は必ずレシートを貰うこと

 

こんな感じでしょうか。

 

素敵なカナダライフを!!

これがホームステイとシェアハウスに関する私の体験です。あくまで私の体験なのでホームステイやシェアハウスを考えている方にとってご参考程度になればいいなと思います。お家はとても大切な場所なので妥協せずに素敵な場所を探してください。

1日1記事更新しよう!って思ってたけどきっと無理だな。のほほんと更新します。

 

Kei