三度の飯より〇〇が好き

三度の飯より〇〇が好き

カナダ、トロントに逃亡中の23歳

ILAC トロント校に3ヶ月間通った話

 International Language Academy of Canada

 

www.ilac.com

 

語学留学としてトロントにワーキングホリデーを使って2016年10月8日に来た私が、10月10日から1月6日までの約3ヶ月間通っていた学校はここです。

1~17段階まで授業のクラスが分かれてて自分のレベルで授業が受けれます。アクティビティも充実してるので、これを使ってナイアガラの滝やニューヨークなんかへ行ったりもできました。

 

ILACを選んだ理由

トロントに来る前にどの学校がいいかもちろん悩みました。留学するにあたってお世話になってる留学ジャーナルのカウンセラーの方にいくつか学校を紹介してもらいました。

ILAC トロント

EC トロント

ILSCトロント

この3つです。選んだILACは細かいレベル分けで自分にあった勉強ができるかなと思いました。あと写真を見る限り教室がとても綺麗。

 

f:id:abc123kk:20170220024015j:plain

 

結局入ってみないとわからないし、合わないことは多少あっても有名だしめちゃくちゃ悪いことはないだろうと。

 

4つのビル

そう、この学校とっても有名。トロントでILAC行ってたよって行ったら大体の人がわかってくれます。そして、それに比例して(?)生徒の数が尋常じゃない。 

とても多国籍でウクライナ、メキシコ、ブラジル、フランス、サウジアラビア、韓国人、ベトナム、ロシア…などいろんな人と交流できました。

これだけ多いと1つのビルでは足りなく、ビルが4つあって1ヶ月(1ターム)ごとにビルが変わったりします。

 

f:id:abc123kk:20170220002854j:plain

 

メインクラスとエレクティブクラス(選択授業)のビルが違うことがあって、その時はいちいちビルを移動しなくてはいけないので面倒。あれどうにか同じビルにできないもんですかね。

 

月2回のテスト

2週間に1回、水曜日にテストがあります。どちらかのテストの良い方のスコアが次のクラスのレベルに反映されます。

〜69% 1レベup

70%〜84% 2レベup

85%〜 3レベup

確かこんな感じだった気がする。どんなスコアとっても、大体トントンとレベルは上がっていきます。でも4回欠席するとどんなに良いスコアでもレベルが上がることはできなかった気がする(曖昧)

 

南米人のガツガツさ

授業は1クラス12人ほどです。初日にテスト(リーディングとスピーキングだった気がする)を受けてそのまま自分のレベルを発表されクラスに向かうわけです。そこで驚かされます。他の国の人の発言率に。特に南米。あいつら超しゃべりやがる。あんだけ喋れて本当に同じレベルなのか?!と疑う日々。

 

f:id:abc123kk:20170219223105j:plain

 

まぁ実際テストになると同じようなスコアになるのでレベルは変わらないです。日本人のペーパーテストへの情熱すごいから。そしてスピーキング、リスニングに劣る日本人万歳(白目)

どうにか前へ前へと意識して積極的に出ていかないと日本人なんて相手にされません。あなたはただの陰キャラ扱いを受けるでしょう。

 

アクティビティ最高 

1番この学校良かったなぁって思うのはアクティビティです。私はナイアガラの滝とニューヨーク2泊3日の2つだけ参加しました。

実際ナイアガラの滝は50ドルだったので自力で行った方が安く済んだかもしれませんが、ニューヨークの方はホテルと移動費込みで350ドルだったのでこちらはお得かな◎ 自由時間もたくさんあって大好きなオペラ座の怪人をブロードウェイで見ることができました。

 

f:id:abc123kk:20170220004807j:plain

 

日本人カウンセラー

何かしら相談のある時は日本人カウンセラーの方が何人かおられたので心強かったです。パワークラスというクラスを取るのをやめる際の手続きでお世話になりました。

そのパワークラス。あまりとっても意味のない気がします。メインクラスが1番重要で、私は一般英語を学んでいたので、そこで文法から英会話などを学んでいました。 テストもメインクラスでしかおこなわれません。

パワークラスはというと、やってることはメインクラスとほぼ変わらないです。ほぼ変わらないのにトピックは違うから、確かにたくさんのことを吸収したいならオススメですが、私にとってはメインクラスだけで十分。メインクラスでわからなかったこととかそこからさらに気になったこととか調べるのに、パワークラスの時間が邪魔でした。

パワークラスは取るのをやめても現金として授業料が返ってくるわけではないので、その分メインクラスにお金をまわしてもらったので卒業の日が1週間延びました。

 

私的ILACのメリット・デメリット

メリット

⑴メインクラスの1〜17までのレベル分けと、レベル10からはアカデミックやビジネスクラスなどの専門クラスに分けられているところ。自分にあったレベルで自分に合う勉強ができます。

⑵アクティビティが豊富。ただただ楽しい。

⑶多国籍でいろんな人と交流する中で他の国の文化も学んだりできた。

⑷設備が良い。電子レンジはたくさんある(人が多いからそれでも少ないけど)し、ウォーターサーバーもあるし、教室が綺麗。

⑸日本人カウンセラーがいるため何かと相談がしやすい。

ダウンタウンのど真ん中にあるのでどこからでも通いやすい。4つビルがあるのでビルにもよるけどどのビルも比較的駅から近い。

 

デメリット

⑴日本人が多い。1クラスに最高4/12人くらいいる。1クラス単位だとそうでもない感じに見えるかもしれないけど、なんせクラス自体が大量にあるので廊下とかもう、日本人日本人日本人って感じ。

⑵メインクラスとエレクティブクラス(選択クラス)、パワークラスと全てが全部違うビルだったことがあった。休み時間10分しかないのにビル間の移動はしんどい。

⑶普通に英語以外の言語が飛び交ってた。なんだここはブラジルかな?ロシアかな?ってなったり笑

 

これがこの学校に対する勝手な私の感じたメリットとデメリットです。

私は学校選びはどうせ入ってみないとわからないと、あまり悩まずさっと決めたのですが、悩んでいる方がいたらどうぞ参考までに。

 

おわり

 

ということでILAC トロント校のレビュー(?)終わり。今回はILACトロント校についてのみの感想を書いてみました。

いづれ、そもそも語学留学って意味あるのか、語学学校に行く意味ってあるのかについて記事にしたいです。ふふふ。

 

今日から3月うぅぅ〜〜すでに日本は2日ですね〜〜 

今日、日本からジェラートピケのルームウェアとかなんとかいろいろ送られてきました。

 

f:id:abc123kk:20170302090626j:plain

 

折りたたみ傘の袋やらなんやら写り込んでるけど気にしない。インスタにはバッチリ綺麗に加工して載せたんだから。

とりあえず太ももパツ子と呼んでくれ。いずれルームウェア着た私をみて全世界の人間を惚れさせてやる!という信念のもとにダイエット頑張る。

 

Kei